踊るあほう歴

なーんとなくですが、人間は踊りたい人間と演奏したい人間と作りたい人間、知りたい人間に分かれているような気がしておりまして、私はもちろん踊りたい人間でございます。

皆さんはどうですか?

ここのサイトを見てくださってる方はやはり踊りたい人間が多いのかしら?(^^) ギターとか演奏できたらかっこいいよなーとは思うものの、そのための練習や制約は、んんん(ー_ー)って感じなんでその方には向いていないんでしょうね(^_^;)。

家庭科も2やったし。。(これは家庭科の先生とソリが合わなかったのもあったと思われますが。。(笑))

さて、だれも聞きたいとは思わないであろうけれど、私の踊りの遍歴をば。。やりたい放題するための自分のサイトでございます!(笑)

私の踊る人生は二歳に始めた日本舞踊からスタートします。

伯母が坂東流の名取をやっていて、その影響もあり、北九州ではあり得ない(らしい、祖父談)名手だった坂東三信先生師事することになりました。

舞台のためにおしろいを順繰り塗ってもらう記憶と後見についてる先生の記憶、めっちゃ怖くてトイレに行きたいと言えずお稽古場の端端に行って「なんで真ん中で踊らんかね!」と言われた記憶位しかないのですが、お稽古に行くのを嫌がった事は一度もないようでして、生れついての踊るあほうだったようです。



その頃は身体が弱く、幼稚園も休みがちだったので親が辞めさせる決断をしたようです。

なんで辞めさせたかな~。。とぶつくさ思うのですが、決して安い習い事ではないですし、大人の世界、色々あって仕方なかったのでしょう。足がО脚で短いのはこの頃躾けられた正座が原因だと踏んでいます。。むーーん。。

次が多分サタデーナイトフィーバーとかのディスコダンス。んが皆でならんで踊るっていうのがどうにも性が合わず、はまることはなく、 次は中高校時代フィギュアすらならないスケートとフラッシュダンス!(笑)。 北九州の戸畑という場所に若戸スポールというアイススケートリンクがあり、多分漫画「愛のアランフェス」や「虹色のトレース」に影響されて(笑)、成績上げるからスケート靴買って!との常套句で靴を買ってもらい、日曜教室に通い(この頃からホームの駅そばを食べてた(^_^;))、リンクパスポートで練習するものの、痛さと金銭面で自らギブアップ。

ストックお小遣いで維持できるお稽古事ではないですし、スピード出た時にすっ転んだ時の痛さといったら!!基本痛いのがいやなピピり気質なんです。。今でも膝がよく故障するのはこのせいだと思ってます(^_^;)。

それでもやるからにはスケートについての力学的なお勉強も一生懸命やりまして、簡単なターンとちょこっとスピンちょこっと浮く位はできるようになったので、今でもスケートは楽しいですね~♪

足を短くし、膝を壊し、それでも踊る?事が大好きだったのですが、なんでこの頃からバレエしなかったんだろ?今気づく。 北九州には黒田バレエというモダンバレエの名門がありまして、母がいわゆる1期生だったのがネックだったのかしら。。今ほど情報がなくて(タウンページ位)純クラのお教室探せなかったし、母子家庭だったためもありきちんとお稽古するとなるとかかる費用、というものを子供なりに考えていたからかもしれません。 そんなこんなで就職してやっとこ、本来やりたかったバレエを習い、今に至るわけですが(日本舞踊もちょっと復活(^_^;))、三つ子の魂百まで!とは良く言ったもので多分死ぬまで踊るあほうなんだろうなーと思います。


自分がやりたいこと、わかんなくなったら、ちびっこだった頃を考えるといいかもですね(^^)。親が「いつまでやってんの!!」と怒マークの声を出すまで夢中になっていた事、それが一番好きで、自分がやっていたい、多分魂が喜ぶ事だと思います。

毎日暑いですね。 体調に気をつけて♪ ラブ&ぴーす♪

© 2020 by BelleNatural.