シリーズ「読了~!」もっと、あの世に聞いた、この世のしくみ 他

本年度、もうお一方の横綱はいわずもがなで雲黒斎さんの「あの世に聞いた、この世のしくみ」です。

で、「あの世に聞いた、この世のしくみ」も続編を発見したので、読んでみました。 誰も命の誕生を目にしたことがない、新しい命は新しいカルマ、過去と未来は同時には考えられない等々うぉぉぉぉぉぉ!感満載です(笑)。 だから何!?と言われればそれまでですが、母との関係や生きづらさ、というものはあ、そっか、そんならしゃーないな~と切り替える助けにはなった気がします。 で、この「もっと あの世に聞いた、この世のしくみ」でのおすすめポイントは

超訳「般若心経」。


今まで、訳されたものを読んだ事はあったのですが、これほど情景が目に浮かぶものはありませんでした。確かに超訳!でも登場人物が生き生きしてるんですよね~(^^) それだけでも読む価値はあると思います。というか、昔っから悩みポイントつまづきポイントってあんまり変わってない?というか人類生まれてから、人類としてはさして進化できてないんじゃないかしらん。。(^_^;)。。

著者の雲黒斎さん(黒澤一樹さん)の新刊「ラブ、安堵、ピース」は超訳の老子思想とのこと。タオイズムって好きなんですよね~♪読みたいと思います♪

読了するときはまとめて読み終わる。何故だろう。。(笑)。

次、「仕事も恋愛もキレイもすべてを手に入れる女性のワークルールズ50」。 バブルの総合職の走りを生きてきたせいかこの手の本も好きです(笑)。ヘレンなんちゃらブラウンさんの「恋も仕事もおもいのまま」とか(^^)。ちなみにこの「恋も仕事もおもいのまま」でケミカルピーリングを初めて知ったという方多いのではないでしょうか。私もその一人(笑)。 この「仕事も恋愛もキレイも、、」恋愛もキレイも、とありますが、基本仕事での成功ノウハウな内容です。お金を稼ぐことに罪悪感を持っちゃなんね~!現実を認識する、お金の使い方等々、具体的なワークシートもついています。 今時は中々アグレッシブにやってくのが企業の中では難しいとは思います。それでも上を目指すためのスキルは多い方がいい。そのスキルを支えるバックボーンになり得る本だと思います。野心って大切~♪


ラスト、大好きな漫画家槇村さとるさんのエッセイ「50代は悩み多きお年頃」 なんですかねーちょっと先の年代の物を読む事が多いです。背伸びしたい部分もありますがどちらかと言うとリアルになる前、実感のないうち備えをしときたいんだと思います。

曰く「30代で脂、40代で筋肉、50代で骨をコントロールできなければ自由を失う」らしいです。多分、好きなお洋服を選ぶ自由を失う、という事なんでしょうね。きゃーー(-_-;)。。 無理はしたくない!けど着たいお洋服が着れないのは嫌なんでぼちぼち無理せず頑張りましょうかね~(^_^;)。。 と自分にも言い聞かせる(笑)。 さて、どんなに50代になるんでしょうか?楽しみです。 らぶあんどぴーす♪

© 2020 by BelleNatural.